一般的な普通乗用車の場合では、積み込むことのできる荷物の範囲が限定されてしまうことになります。現在ではワンボックスカーなども高い人気を誇っているものとしても知られており、後部座席を収納した場合では、かなりの荷物を積み込むことも可能とされています。しかし、車種によってはやはり限度というものがあり、具体的には自転車などのサイクル用品やサーフィンなどのアウトドアで活用するような道具類を積み込むためには、かなりの広さを必要としている一面を持っています。このケースではキャリアというアイテムが用意されており、車種に適合するタイプを購入することによって、パーツとして取り付けすることができます。


多いタイプではリヤに設置するものと、ルーフ部分に設置するタイプに分けることができます。車高の低い乗用車の場合では、ルーフ用として販売されているキャリアを利用することによって、脱着も容易になるというメリットを持っています。キャリアにはアタッチメントと呼ばれるパーツを取り付けることも基本とされており、それぞれ積載するアイテムに合わせて選択することができます。しっかりと固定を行うことができるタイプが主流になり、安全性に対しても十分に配慮されています。