» 未分類のブログ記事

最近、屋根にキャリアをつけて様々な物を運んでいる車をよく見かけます。
自転車、サーフボード、スキー、スノーボード、ルーフボックス等を車の屋根に取り付けるわけですが、これには専用の装備が必要になってきます。
現在では様々な車種に対応しており、ミニバン、ステーションワゴン、SUVなどは当然ですが、軽自動車にも装着できるキャリアが増えてきています。
最近の流行りはシステムキャリアというものです。
ルーフ用のシステムキャリアは、フット、バー、ホルダーの三つの部品によって構成されています。
フットとはキャリアの土台となる部品であり、ルーフの上に四か所設置しますが、ルーフの形状によって種類が変わってきます。
バーはフットによって固定され、車種によって長さが異なります。
ホルダーはフットと車のボディを固定する部品で、車種により形状が変わったり、ホルダーを使わなくてもフットを取り付けることが出来る車種もあります。
これらを取り付けることでキャリアのベースが組みあがるので、この上に自転車、サーフボード用、ルーフボックス、ウインタースポーツ用のアタッチメントを着けてやれば、目的の荷物を運べるようになり、用途によって使い分けが出来るのが非常に便利です。


ウインタースポーツ用は片方だけが開くものと、両側が開くものがあり、自分のスタイルによって選ぶことができます。
長いスノーボードやスキーを車の中に積まなくてよくなると、スペースが広がり、快適度が増します。
さらに濡れたり雪がついたままでもキャリアに積めますので、後片づけが簡単になりますので、ウインタースポーツを楽しむ人達は是非とも欲しくなるのではないでしょうか。

一般的な普通乗用車の場合では、積み込むことのできる荷物の範囲が限定されてしまうことになります。現在ではワンボックスカーなども高い人気を誇っているものとしても知られており、後部座席を収納した場合では、かなりの荷物を積み込むことも可能とされています。しかし、車種によってはやはり限度というものがあり、具体的には自転車などのサイクル用品やサーフィンなどのアウトドアで活用するような道具類を積み込むためには、かなりの広さを必要としている一面を持っています。このケースではキャリアというアイテムが用意されており、車種に適合するタイプを購入することによって、パーツとして取り付けすることができます。


多いタイプではリヤに設置するものと、ルーフ部分に設置するタイプに分けることができます。車高の低い乗用車の場合では、ルーフ用として販売されているキャリアを利用することによって、脱着も容易になるというメリットを持っています。キャリアにはアタッチメントと呼ばれるパーツを取り付けることも基本とされており、それぞれ積載するアイテムに合わせて選択することができます。しっかりと固定を行うことができるタイプが主流になり、安全性に対しても十分に配慮されています。

自動車を使って物を運ぶ機会がありますが、一般的にはトランクに荷物を積んだり、空いている後部座席などを利用して荷物を運ぶことも行われています。しかし、利用者によってはトランクなどの限られたスペースでは運ぶ荷物が積みきれないケースもあり、この場合ではキャリアを設置した上でルーフボックスを載せることが行われています。どちらかと言えば、セダンタイプではなく、ワンボックスカーやワゴンタイプの車種に用いられることが多いものとしても知られていますが、アウトドアなどを楽しむ方に向けて用意されているタイプも多い傾向にあるために、四輪駆動車などに対しても用いられていることが多く見受けられます。自動車の屋根の部分に対して屋外に設置することが基本とされており、金具を設置した際には、その上には比較的自由に荷物を載せることができます。


例えばゴムベルトで固定を行う方法や、レジャーシートなど利用して荷物を包むことも行われているのですが、ボックスタイプのケースを利用する場合では、悪天候であっても気にすることなく利用できるメリットを持っており、自動車によっては純正パーツとして用意されているものも多く、ボディカラーと同じ色で設定されていボックスなどもあり、機能性だけではなく見た目上でも活躍することになります。

まずベースキャリアとはメーカーによって名前が異なったりしますが、主に車のリーフ(屋根の上)に取り付けてスキーやキャンプ用品などを運びやすくするための土台となるものです。その土台を構成しているのが、まず車本体に取り付けるフック(取り付けキットとも呼ばれます)、そのフックに繋いで全体の足となるフット、そしてそのフットとフットの間を繋げてやぐらを組んだような状態にし、そうすることによって様々な道具を積載できるようになるバーの3つとなります。


取り付ける際に注意しなければならないのは車の種類やオプション設備によっては長さを調整したり、フットの種類によっては取り付けられないバーがあるため、正常に組むためには取り付ける車の構造を前もってよく知っておくことが重要であり、そして、基本的に同じメーカーの物で全て統一するように推奨されています。メーカーが違うと3つの内1つだけ互換性がなかったり、せっかく購入したのに取り付けられない結果になることもあり、注意が必要です。またバー自体にも種類があり、積む荷物によっても違うものに交換したりと、臨機応変に対応しなければなりません。しかし、取り付けることによって普段積載できない車でも遠くに出かけることができるので大変便利です。

貨物を搭載する事を想定していない自動車で、多くの荷物を搭載しようと考えた場合や、サーフボードや自転車などレジャーに使用するための道具を目的地まで運搬しようとした時に、その道具が非常に大きく、とても車内に搭載する事が困難であった場合、どうしたら良いでしょう。
一般の自家用乗用車等では、人間の移動手段として考えられ、設計されているために必要以上の荷室スペースを確保している自動車は少なく、比較的大きなスペースを有しているとは言っても、乗車定員分のゴルフバッグを積載するのがやっと、と言った場合が殆どです。


それ以上の大きな荷物を輸送するために、搭載するスペースはどこに有るかと考えた場合、考え出されたのが自動車の屋根、ルーフの部分に積載する方法が考え出されました。
勿論、そのまま搭載しては固定する事も困難な上に、屋根に傷がつくことも避けられません。
そのために、屋根の上に搭載用のスペースとしてキャリアを設け、そのスペースにフットと呼ばれる土台を設置、そして、そのフットを繋ぐバーを利用した様々なアタッチメントを取り付ける事により、大きな道具を、また、車内に収まらなかった様々な荷物を積載する事を可能にしたのです。

ルーフ用システムキャリアとは、その名前の通り車の屋根に取り付けるキャリアの事です。タイプは様々ありますが、おそらくスキー場とかに行くと、半数以上の車の屋根に取り付けられている大きな箱のようなものです。代表的な使い方がスキーやスノーボードの格納です。スキーやスノーボードに行く際に、大人数で行く場合どうしても用具は車内に入らない事があります。そういった時に車の屋根を利用し、そこへ格納します。


またスキーやスノーボードだけでなく、多趣味の方には必須ともいえるアイテムです。箱型のルーフキャリアであれば、使い方は無限にあります。バーベキュー・アウトドア・釣りをはじめ、大人数で車に乗る混む際に荷物が入らなければ、ルーフキャリアへ入れておけば、車内のスペースを気にせず荷物を詰め込めます。箱型だけでなく、サイクリング用やサーフィン用のアタッチメントもあります。夏にはサーフィン用・サイクリング用、冬にはスキー用のアタッチメントへの交換も可能です。
そしてもう一つのメリットが車内を汚さずに済むという点です。スキーでもサーフィンでもサイクリングでもありとあらゆる趣味で共通する悩みが、車内へ用具を乗せた時の車への汚れです。しかし、キャリアを使用すれば、車内を広く使えるだけでなく、車の中を汚さずに趣味道具を持ち運びできますので、これもルーフキャリアの大きなメリットです。最近のは取り付けも簡単に設計されてますので、多趣味の方にはオススメです。

現在はサイクリングを趣味としている方も多くいらっしゃいます。そこでピストバイクやクロスバイクなど本格的なマシンでサイクリングを楽しんでいらっしゃる方に人気なのが自動車のリアサイクルキャリア。これは自動車の背面に自転車を固定しする道具です。サイクリングをしている人の話では遠い場所にある人気のコースをサイクリングしたい場合など、自転車で行くにはちょっときつい時などに重宝するとのこと。自動車内に入れて持ち運びすることもできますが、自転車を自動車の背面に固定して持ち運びすることで、室内を広く使うことができます。


また、車内にギリギリ入らないとなると分解して積載、といったことにもなり、手間も掛かってしまいます。よく自動車の天井に固定されている方も見かけますが天井の場合ですと、トンネルや高架下などを通過する際、当たってしまうかもしれませんし、横風に煽られることもあるため、安全面、安心面を考慮し、自動車の背面へ取り付け去れる方が多くいます。背面に取り付ける場合はバックで駐車する際などに気をつけなければなりませんが天上に固定するよりも幾分かは安心です。このようなことから自転車を自動車に固定する場合は背面の方が人気なのです。

ミニバンや4WDなどの車種が高い人気を誇っているものですが、所有者によってはアウトドアなどで遊ぶことを趣味としている方も存在しており、その中でも自転車やスキーなどは定番の遊びとされている一面があります。自動車のリヤがハッチバックのような作りに仕上がっている状態では、リアマウントキャリアというものを利用することができます。メーカーによっては限定された車種に限って発表されているものが多い傾向にありますが、キャリアはリアゲートに確実に固定することができるものになり、自転車用やスキー用として分かれているものも用意されています。キャリアが無い場合では、ゴムや紐などで固定を行う方も存在しているのですが、この方法では車体に傷が付着してしまうことが多く、走行中に落下してしまう恐れを持っていることも不安要素になります。


そのため、やはりしっかりとした構造を持っているマウントキャリアを設置することが良い方法になり、あらゆる路面状況であっても多くのケースで心配なく活用することができます。現在では簡易的に固定を行うことのできるタイプも発表されていることによって、使用しない際にはトランクなどに収納できるものもあり、便利に使い分けを行うことができます。

近年では人気のある車種としてミニバンや四輪駆動車が増えている傾向にあります。このタイプの自動車の場合では、セダンタイプなどと異なって、車高が高く設定されていることもあり、いわゆるルーフキャリアなどを設置した場合では、手の届かない位置に仕上がってしまうケースがあります。この不具合を解消する方法として、リアマウントキャリアというものが開発されています。


このキャリアに関しては、例えば自転車やスキー、スノーボードなどの設置に限定されていることが多いものですが、その他のアイテムであっても、安全性を確保することができる状態ならば、アイデア次第で使い道の範囲は広がることになります。キャリアの設置に関しては、車の後部に設置することになり、ある程度の対応車種は限定されているものですが、しっかりと固定を行って、走行中に外れてしまうことが無いように十分に配慮することも必要とされています。特にアウトドアでの活動を楽しむような趣味を持っている方にはおすすめのアイテムとされており、現在では愛好家なども存在している状態にあります。車体から設置物がはみ出す状態はできるだけ避けることが必要とされており、常に安全を確保する必要があります。