自動車を使って物を運ぶ機会がありますが、一般的にはトランクに荷物を積んだり、空いている後部座席などを利用して荷物を運ぶことも行われています。しかし、利用者によってはトランクなどの限られたスペースでは運ぶ荷物が積みきれないケースもあり、この場合ではキャリアを設置した上でルーフボックスを載せることが行われています。どちらかと言えば、セダンタイプではなく、ワンボックスカーやワゴンタイプの車種に用いられることが多いものとしても知られていますが、アウトドアなどを楽しむ方に向けて用意されているタイプも多い傾向にあるために、四輪駆動車などに対しても用いられていることが多く見受けられます。自動車の屋根の部分に対して屋外に設置することが基本とされており、金具を設置した際には、その上には比較的自由に荷物を載せることができます。


例えばゴムベルトで固定を行う方法や、レジャーシートなど利用して荷物を包むことも行われているのですが、ボックスタイプのケースを利用する場合では、悪天候であっても気にすることなく利用できるメリットを持っており、自動車によっては純正パーツとして用意されているものも多く、ボディカラーと同じ色で設定されていボックスなどもあり、機能性だけではなく見た目上でも活躍することになります。