貨物を搭載する事を想定していない自動車で、多くの荷物を搭載しようと考えた場合や、サーフボードや自転車などレジャーに使用するための道具を目的地まで運搬しようとした時に、その道具が非常に大きく、とても車内に搭載する事が困難であった場合、どうしたら良いでしょう。
一般の自家用乗用車等では、人間の移動手段として考えられ、設計されているために必要以上の荷室スペースを確保している自動車は少なく、比較的大きなスペースを有しているとは言っても、乗車定員分のゴルフバッグを積載するのがやっと、と言った場合が殆どです。


それ以上の大きな荷物を輸送するために、搭載するスペースはどこに有るかと考えた場合、考え出されたのが自動車の屋根、ルーフの部分に積載する方法が考え出されました。
勿論、そのまま搭載しては固定する事も困難な上に、屋根に傷がつくことも避けられません。
そのために、屋根の上に搭載用のスペースとしてキャリアを設け、そのスペースにフットと呼ばれる土台を設置、そして、そのフットを繋ぐバーを利用した様々なアタッチメントを取り付ける事により、大きな道具を、また、車内に収まらなかった様々な荷物を積載する事を可能にしたのです。